真の愛を目指す人の旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「最後の約束の物語」の体験会に参加してきました

<<   作成日時 : 2011/04/24 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

という、本当に久々のブログ更新でござる。

昨日、葛西にある「ゲームズマーヤ」というお店で行われた
「最後の約束の物語」というPSPのゲームの体験会に参加してきました。

このゲーム、自分が知ったのは今年の1月か2月くらいかなぁ…。
近くのお店で流れていたデモPVがきっかけ。
見て以来、ずっと興味持っていたんです。

…と言いつつ、公式HPとか知ったのは本当つい最近なんですがねww

ちなみに、公式HPはここ↓
画像

ゲームの概要とかは…自分が話すより公式行った方がわかりやすいのでカット(何)
まぁ、要点をざっと言うと
・こちらの行動に対して、敵の行動が変化する(回復キャラを集中攻撃、弱っているキャラを重点的に攻撃等)
・死んだキャラは二度と生き返らない

という…まぁ、WIZな感じですよね。

で、プレイしてみた感想なんですが…

敵対心コントロールというシステム(概要の最初に書いた奴です)のお陰で戦闘は本当に頭つかう。
サーシャていう金髪ツインテールロリッ娘がいわゆるヒーラーなのですが
何も考えずに回復してると
このキャラに敵キャラが全員ロックオン→フルボッコタイム→死亡
という流れに必ずなるという。
じゃあ、どうするかと言うと、主人公のウォルフが
敵キャラの注意を引き付けるスキルを持ってる&耐久力が高いので
ウォルフに敵の攻撃を集中させて、仲間を守るて戦い方をすればいいと。

ただ、このウォルフさん、素早さが低いので
前ターンウォルフに敵のタゲ集め

次ターンサーシャでウォルフ回復

敵キャラの注意がサーシャに!

ウォルフに廻る前に敵の行動開始

サーシャフルボッコタイム→あぼん

となるケースも多々ある…てか自分がそうなったw
さて、じゃあどうするか…と頭使う訳ですな。

あと、このゲーム、自分がプレイするのもいいのですが
人によってパーティメンバーやプレイスタイルに特徴が現れて
他の人がプレイしているのを見るのもかなり楽しいです。
例えば、社長はカインというキャラを他のキャラでバックアップして力で押すプレイスタイルだったし
サーシャを入れずに回復をアイテムに頼るプレイでクリアも可能。
他にも色んなプレイスタイルでプレイ出来そうです。

後、プレイ動画を見てて気になってたのが「敵対心」が変更した時のリゼットのナビゲート。
動画を見てるとめっちゃ頻発してるイメージで
「結構バトルの展開とかこれで失われるんじゃね?」と体験会でプレイする前は思ってました。
ただ、実際触ってみると思ったほどテンポは悪くなかったし
そんなに気にもならなかったし…サクサクと進められましたね。
これは、雑魚戦、ボス戦関わらず。

体験会には社長をはじめ、セガのスタッフさんや
開発の人も多数参加しており、色々とお話を聴く事が出来ました。
結構「ちょいと秘密なので…」と言われるかと思ったら
色々と説明して貰ったので、ちょっとびっくりしたのは内緒ww
開発の裏話とか気になる仕様(図鑑とかあるのかとか雑魚敵の種類とか)についての質問も
丁寧に解説してくださいました。

聞いてて「へ〜」と思ったのが
「普通のRPG(ドラクエみたいなタイプね)は体験版を出すと売上が70%に落ちる」
というお話。
所謂有名シリーズ物ならともかく、こういう新規参戦のRPGは体験版を出すと逆にマイナスになってしまうそうな。
1ユーザーから見ると、買う前の判断材料として体験版というのは一つの参考材料になるのですが
RPGは中盤からが面白いのが多く、体験版を出すとそこで満足してしまう事が多いそうな。
体験版って難しいですね。

とりあえず、他にも色々聞いた事をメモがてら箇条書き

・武器、防具、道具について
雑魚敵を倒すと手に入る素材を解体屋に売る事で武器防具屋、道具屋の品揃えが増えていく
武器、防具の数は不明。結構な数あるとは言ってた。
武器が変わる事でエフェクトは変化しない
アイテム図鑑みたいのは無い
(図鑑系のシステムは一番最初に切ったと社長談)
図鑑系のシステムは実は作るのめっちゃ面倒なんだそうです。

・敵
敵の種類は素体32種に色違い含めて100種程。
ただ、章によって出てくる敵に特徴がある。
(1章:攻撃高い、2章:魔法が強い…な感じ)
弱点や効かない属性の設定とかはあり。
敵の弱点を調べるスキルとかは無いみたい。

・キャラ育成
レベルアップ時のランダム要素は無し(レベルで固定)。
レベルアップ時にボーナスが付加されるような装備は無し。
「ちからの種」みたいなドーピングアイテム無し。
スキルはリセット可能(ただでは無い)。

・その他
周回によるアンロック要素は無し(アンロックは嫌いなので:開発の人談)
なので、最初から全てのルートが可能なのですが
ルートによっては難易度が高いんだそうです。
引き継ぎ要素は沢山あり
EDは生存キャラ人数、救出した市民の数、残りSPで分岐
メディアインストールは無し
ただ、それでも戦闘の出入りは全く問題なし。
気になったのはMAP間移動の時のローディングかな。自分がやった時は結構長かったので。

・やりこみ要素について
どのミッションをクリアしたか…というリストは見る事が出来る&コンプリート率も出るようなので
それがやりこみ要素になるかも。

また、武器や防具の中には、なかなか出ない素材からしか作れない物もあるみたいなので
ウイザードリィみたいに、武器防具屋のリストをコンプするのもやりこみ要素かな。

・ミッションについて
メインストーリーを進めるメインミッションとサブミッションに分けられるみたい。
メインとメインの間に選べるサブミッションは7〜8程ある。
ただ、時間制限の関係で実際に出来るミッションは2つくらい。(社長談)

サブミッションの内容は、キャラやゲームの背景についての物が多いみたい。
「特定のサブミッションやってないから、ストーリーわからねぇ」な事にはならないみたい。

後、所々にネタ会話を仕込んでるのでそれを探すのも面白いですよ(開発者談)

・キャラについて
ジャイロとラシュディは両方とも状態異常を覚えるが、ジャイロの方が決定率が高い。
また、ジャイロは仲間のMPを回復する技も持ってるらしい。
マラルメには一番最初に攻撃でき、かつ敵対心を向上させない技が多い。
セレスはリジェネスキル&レベルがあがればメテオ系を覚える。
最初はお荷物だが我慢して育てると雑魚相手なら無双になるらしい…MPが尽きるまでは!
サーシャは最初おっきなハンマーを持たせる案もあったらしい。
「ちっちゃい女の子に大きな武器は基本でしょ?」
(リアルでこんな会話してました、現地でw)
サーシャが後列から攻撃できないのは、開発者のこだわりらしいですww

というか、色々話聞いてるとサーシャとマラルメは愛されてるなぁ…とw
個人的にサーシャに大きなハンマーは是非見てみたいですわ♪

それからジャイロは戦闘ではキーになりそうなキャラという印象。
このゲーム、MPが尽きたら何もできないキャラばっかりなので、MP回復は必須なんですよね。
社長も「MPに関してはシビアに設定した」と話してましたし。

・難易度について
最初、ノーマルモードで作った→「じゃあ、もっと難しくしてくれ」と言われたらしいw(社長談)
その結果、第4章が鬼になったとか。
「第1章、第2章でゲームを把握、第3章をスルーして第4章が本番」だそうです。

他にも、「このシステムが好評なら、これで対戦ゲーム作ってみたいね」て話もしてましたし
他にも色々といれたい物があったのですが、没になったネタもたくさんあったらしく
これからのゲームに活かしたい、て話もしてました。
今回、第一弾ということで、これで得た物を次回以降に活かしてほしいですね〜。

後、印象に残ったのが今回の体験会、女性の方も結構参加してたな〜と。
なので、今回はウォルフという男性キャラが主人公ですが女性キャラを主人公にした物も見たいな〜と。

いろんなお話や、他の人のプレイを見てたら楽しくて
本当は体験プレイ終わったらまっすぐ帰ろうかな〜と思っていたのですが、何だかんだで終了時間の夜8時まで
いちゃいました(笑)
また、こういう体験会に参加出来る機会があったら参加したいな〜♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「普通のRPG(ドラクエみたいなタイプね)は体験版を出すと売上が70%落ちる」→「普通のRPG(ドラクエみたいなタイプね)は体験版を出すと売上が70%に落ちる」に訂正〜。(御影社長のツイッター書き込みより)
愛野旅人
2011/04/24 13:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
「最後の約束の物語」の体験会に参加してきました 真の愛を目指す人の旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる